バジャンをご案内するつむじ風ねっとショップの、バジャン専用サイトです。安全・無害・界面活性剤ゼロの洗浄剤サイトへ、ようこそ! アトピーに方に朗報かも・・

蘇る健康=界面活性剤ゼロの重要性!その2

蘇る健康=界面活性剤ゼロの重要性!その2

界面活性剤ゼロという全く新しい洗剤!
理想の洗剤とは何か?
を世に問うた洗剤・・・
全く泡が立たず、
洗浄剤そのものが残らない・・・
洗浄液でメダカが生き続ける・・・?!
取り敢えずTopへ、最新記事はSecond Page・・・


(前回記事『蘇る健康=界面活性剤ゼロの重要性!』の続きです。

さらに分かり易く、洗浄剤について基礎的なことを書いてまいります。)


 



それは、

重曹(炭酸水素ナトリウム)を主成分とする、

全く新しい洗浄剤だからです。

しかし、重曹そのものは古くから洗浄剤として活用されてきました。

例えば、典型的な事例では、

ティーカップの茶渋を取ることや、

換気扇などのしつこい油汚れを取るのには、

好適なことを気がつかれた方も少なくないのです。



先日、テレビでは重曹(炭酸水素ナトリウム)を入れて、

お湯を沸かして、その中で積年のこびり着いた汚れを、

魔法のように落とすということを見せていました。

大掃除の裏ワザです。

大変、納得しました。


その他、重曹(炭酸水素ナトリウム)は、

前回にも書きましたように、

熱を加えると炭酸ガスが出ますので、

ベーキングパウダーとしても利用されたりしています。

サイダーは、重曹とクエン酸を混ぜるとサイダー水が出来ます。

又、粉末消火剤の原料でもあります。


排水しても、

ほとんどBOD,COD値が無いので、

環境特性に優れています。

ですから、一般論ですが、人体にも環境にも優しい物質だと言えるでしょう。



弱アルカリ性を示し、

酸性を示す悪臭の除去にも効果があります。

脱臭剤としても利用されたりします。

汗とか、多くの臭いは酸化発臭ですから、

脱臭効果が発揮されるのです。


そのまま重曹を洗浄剤として使っている方も多いと思います。

前回、書きましたが、

重曹を電気分解して、さらに洗浄力が高まることから、

洗浄剤「バジャン」は生まれました。



それは、

電気分解した重曹溶液を分析し、

重曹を主成分とした洗浄剤が、最も洗浄効果を高める条件を、

幾度も実験をして求め続けた結果です。

その回数は、

数千回に及んだと聞いています。

その結果、界面活性剤ゼロの洗浄剤「バジャン」は生まれました。


これまでの洗剤は、

界面活性と言う働きを持つ有機合成物から、

水の表面張力を弱まらせ、

合わせて水と油に親和性のある界面活性剤の働きで、

汚れを分離し、水に溶解していくと仕組みです。

石けんもその中の一つです。



石油化学工業が盛んになり、

多くの洗剤は石油より合成される合成洗剤が主流になりました。

石油でなく、動植物の油脂から合成洗剤が作られることもあります。

いずれも合成界面活性剤による洗剤です。


表面張力が弱まると、

泡が立ちますから、一般にシャボンと言うのは、

合成界面活性剤による洗剤という事になります。


界面活性剤は、

水と油に親和性がある物質と書きましたが、

その性質上、

汚れを包み込んで分離していく訳ですけれども、

同時に、

洗浄するモノそのものにも、界面活性剤が付着します。

汚れと洗浄物との分離を促しますが、

汚れを包み込むのと同じで、洗浄物にも包み込むように残るのです。


濯げば、少なくなりますが、

必ず、一定量は残ります。繊維や身体には残ります。


 

画像の説明


これが問題なのです。

残っても問題が無ければ良いのですが、

多くの界面活性剤(洗剤)は、有毒とされています。

特に、

石油系合成洗剤は、猛毒とされています。



目に入ったら、すぐに洗い流す必要があります。

しばらくは、痛みが取れません。

それは、界面活性剤(洗剤)が、粘膜に付着して、

しつこい残留性があるからです。

目に入った石けんの痛みは、誰しも経験があるでしょう。


皮膚や洗浄物の繊維は有機系のものですから、

界面活性剤(洗剤)に親和性があるからです。

特に、

傷口や粘膜などには、脂質に吸着して、体内に吸収されることもあります。


界面活性剤ゼロの「バジャン」は全く違います。

そもそも有機系化合物ではなく、

無機塩系化合物であり、流せばすぐさま流れ去ります。

人体や環境に優しいという事はそういう事なのです。


塩は体に擦り込んでも、

水で洗えば、すぐ流れるでしょう。

理屈は同じです。

後で触れますが、

界面活性剤(洗剤)は有機物質であり、

塩は、水の中でイオン化した分子です。

イオン化した分子は、水と同化していますから流れ去ります。

同時に、皮膚や繊維に電気的に付着していても、

電気を失えば剥がれます。


何故、それで洗浄できるかという事に書いてみます。


そもそも、

重曹(炭酸水素ナトリウム)は、水分に触れると徐々に分解していくからです。

それを電気分解すると、

急速に分解していきます。

又、熱で温めますと急激に分解します。

で、

重曹を入れて、頑固な汚れ物を煮込みますと、

ほとんど落ちてしまうという裏技は、

そういう理由からです。

 


では、

界面活性剤ゼロの「バジャン」は、重曹を主成分に、

水でも最適に分解して、汚れが速やかに落ちるように、

pH(アルカリ度)やその他の条件をを調整して作られています。

これは、

重曹を電気分解して良く落ちる事例を参考に、

気の遠くなるほどの実験を重ねて作られました。

それが、

製法特許(特許第3481625号)となった訳です。


 

Photo_3

 

<画像クリックで拡大!>

 


そのメカニズムについて分かり易く書きましょう。


界面活性剤洗浄と言うのは、

いわば、『物質洗浄』と言えるでしょう。

界面活性剤という、水と油に親和性のある物質が、

汚れと洗浄物の間に入り込んで、

分離していく方式です。

そして、物質ですから洗浄物に必ず残ります。

皮膚などには、脂質成分と親和性がありますから、

いつまでも残ります。


それに引き換え、

重曹を主成分とした界面活性剤ゼロの「バジャン」は、

水に溶解すると、

夥しいイオン分子となります。

それが溶解した状態です。

界面活性剤ゼロの「バジャン」の洗浄力は、

敢えて表現すれば、『イオン分子洗浄』という方式です。


イオンとは、電気性を帯びた分子です。

『イオン分子』と言い換えても、間違いはないでしょう。

そして、

イオン分子は最終的に簡単に流れ去り、残りません。

水と同化した状態だからです。


水に溶けた塩(Nacl)は、流れ去るのと同じです。


洗うという事の理想は、

洗浄物に何も残らないということが大切です。

例えば、

半導体を洗う場合、

何で洗うかというと、いかなる不純物も表面に残さないためです。

塩(Nacl)分子一つでも、半導体の性能は、不安定になります。

製品になりません。

勿論、洗剤が残ってしまうと元も子もありません。



その意味で、残る洗剤(界面活性剤洗剤)は使えません。

使うのは、揮発性のある溶剤です。

あるいは純水(H2Oのみ)です。

ある時、電気分解した純水を使うという記事を見たことがあります。

納得する話でした。

今はどうしているのかわかりませんが、

何も残さない洗い方が必要なのです。


理想的な洗浄とは、洗浄物に何も残さない洗い方です

水だけで洗えば、何も残らないので、

理想的と言えるでしょう。

水は、蒸発してなくなります。


こんな単純な原則が、

洗剤メーカーは一言も言いません。

それは、不可能なからだと考えられます。

界面活性剤(洗剤)洗浄では、物質洗浄ですから不可能なのです。

 

実は、

界面活性剤ゼロの「バジャン」は、

その理想に近づいた洗浄方式なのです。

このことが、如何に画期的なことか、

少しでもお分かりになって頂けましたでしょうか?


さらに次回は、

さまざまな洗浄物と洗浄剤のあり方について、書いてみたいと思います。

 

クリック

 

購入を強いるものではありません。

まず知って頂きたい事、

そして、

お気づき頂けたら、取りあえず、馴染んでい頂きたいと考えています。

 

相当に、

洗剤についてのイメージが変わります。

パラダイムシフト(基調思考変換)が出来たら、幸甚です。



a:2249 t:2 y:3

コメント


認証コードを入力してください。

認証コード5520

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional