バジャンをご案内するつむじ風ねっとショップの、バジャン専用サイトです。安全・無害・界面活性剤ゼロの洗浄剤サイトへ、ようこそ! アトピーに方に朗報かも・・

界面活性剤0(ゼロ)のバジャン! その意味!

界面活性剤0(ゼロ)のバジャン! その意味!

界面活性剤が、アトピーを昂進させる・・・
合成洗剤は、猛毒である!
これは世界が認めている・・・
が、
あまりにも知られていない!

 

 それはマスメディアが報じないからである。マスメディアは、広告収入で成り立っている。洗剤メーカーは、大口の広告主であるからだ。

 

 そして、合成洗剤は、多くは石油による原料を使用している。石油は、多くの化学合成製品の主たる原料であることは、周知の事実である。

Photo

 

 

 石油に依らずとも、植物油脂による合成洗剤も多い。しかし、それらはやはり、「合成」洗剤であることに変わりはない。石けんも「合成」洗剤であるが、特別に、「石けん」と表示されることなっているに過ぎない。又、紛れもない界面活性剤の一つだ。

 

 それらが、全て、「悪」と決めつけるわけではないが、用い方によっては、健康に悪影響を来すことは間違いがない。そして、環境問題もある。洗剤と環境問題は、長く、人類に投げかけられた古い問題である。河川の汚染は、主たる原因が洗剤に依ることも間違いないことも、又事実である。

 

 中国の環境問題は、近年、極めて厳しい見解が明らかにされている。特に、大気汚染はPM2.5で有名である。

 

Bp1

 

 しかし、報ぜられるところに依ると、河川の汚染はもっとひどいのである。中国の河川の半数以上は、死に絶えたと言われている。水問題が、将来、大きくなるだろうと危惧されている。

 

 それは工場廃液にも依るが、多くの家庭が合成洗剤を多用したためである。

 

 これは、自然の河川ばかりでなく、体内の河川であるところの血流も汚すことは、あまり知られていない。実は、自然の河川が汚染されるに伴って、体内の河川であるところの血流も汚されているということは、知られていないが、当然である。

69524

 

 

 これは憶測であるが、アトピー性皮膚炎が、近年、急速に増加してきた背景には、環境汚染と切り離して考えられないだろう。特に体内汚染は、直接に関与しているものと考えられる。産婦人科医師の話によると、羊水が白濁しているケースが多く見受けられるという。

 

 そして、

 

 驚くべき事に、その濁った羊水からは、化粧品の香料の匂いがする場合があるとの、都市伝説がある。真偽を確認したわけではない。合成洗剤が毒物であることは、確認されている。毒物であると言うことは、浸透性があると言うことである。

 

 体内に侵入するから、毒性が発揮されるわけで、本来は、皮膚からは容易に浸透しないものである。洗浄剤・化粧品が、皮膚浸透することは考え物であろう。昨今、某化粧品による白班症が取りざたされたが、化粧品による皮膚障害が後を絶たないことも事実だ。

 

 ほとんどの化粧品には、界面活性剤が使用されている。

 

 アトピー性皮膚炎について、その原因は不明である。場所も不明であるから、アトピーとも言われている。だから、その原因を特定して治療することは、中々難しい。

800pxatopic_dermatitis_child

 

 

 だが、いとも簡単に改善する方法がある。

 

 界面活性剤を一切使用しないことである。石けんを含む界面活性剤を使用しないと、改善されるのか? 磯辺 善成医博は、そう断言する。それは、皮膚を傷つけず、アトピー性皮膚炎発症の機縁を取り除く事にある。

 要するに、皮膚のバリヤーを守ることが、肝要だというのである。詳しくは、下載の動画を参照されたい。

 

週刊は?らちゃん・金曜日・アトヒ?ーは治る・8

[parts:eNozsjJkhAOz1FQjkyTTlDxj05xwU9/UktBk+6LUHFsDJhMLAyZjMwMmAwDbYAoP]

 何よりも重要なことは、皮膚の皮脂膜を守ることである。


 アトピー性皮膚炎の原因は、明らかではない。そして、その発症メカニズムも謎が多いが、石けんを含む界面活性剤が、その発症の契機になると事は、ほぼ明らかであるし、その使用中止が、改善の切っ掛けになることも明らかだと、
磯辺 善成医博は述べている。

【転載開始】バジャン

  

 バジャンの主成分である「重曹」は古くから、お料理に、そして洗濯・掃除・歯磨き・消臭などに使われてきました。バジャンは「重曹水」を電気分解するというまったく新しい発想から開発された洗浄剤です。界面活性剤はゼロでも汚れ落ちは合成洗剤以上!しかも洗濯槽の中でメダカが泳げるほどの安全性です。だから院長も太鼓判の商品でデリケートなお肌の方にも、安心してお使いいただけます。
 洗濯物には微量ながらも必ず洗剤が残っていて、衣類の残留洗剤が皮膚に触れてアトピーの原因になる場合もあります。かゆみ対策のためには残っていても良い洗剤をお使いください。
※2003年特許(第3481615号)を取得しています。

重曹洗濯洗剤(粉タイプ)【転載終了】


 やはり、


環境の保全は大切だ。人間は環境の動物だ。環境が悪化すれば、人間は病む。水が汚れ、大気が汚れると、人間の体内も汚れるのである。


 単純に考えるとすれば、汚れは清浄化しようとする働きが、生命力にはある。それがアトピーであり、諸々の病であると考えることも出来る。病は浄化作用とする慧眼もあるが、今にしてみれば頷ける。


 闇は病みに通じ、病みは止みに通ずる。生命力が止むから、病むのであろう。そうすると、生命力による浄化作用が強化される。症状はその結果であろう。


 闇が深まると、光が強まる。その原理は宇宙万般に行き渡っているものと思われる。これからは浄化の時代に入るものと考えられる。環境の破壊は、何時までも許されるものではないだろう。


 地球が破壊される前に、地球は浄化作用を強めるだろう。その作用は、人間のアトピーを凌ぐ大規模なものとなろう。全ては人間が、その原因を作っていると考える方が良さそうである。



界面活性剤0(ゼロ)について

Rect3000

 

画像をクリックして、進んで下さい。



 



a:7493 t:1 y:0

コメント


認証コードを入力してください。

認証コード5634

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional